2008年01月12日

阿佐田哲也1

「麻雀を点棒のやりとりだとしか思えない人は永遠に弱者である。麻雀は運のやりとりなのだ。点棒の流通は誰の目にも見える。が、運の流通は見えにくい。だから多くの人が無視する」


「プロフィール」

阿佐田哲也(昭和4年生まれ・本名・色川 武大・小説家・雀士)

阿佐田哲也勝負語録―ここ一番に強くなる より)
posted by 浅草太郎 at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 阿佐田哲也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阿佐田哲也2



「本当は負け越しになるはずなのに、現実にそうならないとしたら、それは運のせいなんだな」


阿佐田哲也勝負語録―ここ一番に強くなる より)
posted by 浅草太郎 at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 阿佐田哲也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阿佐田哲也3



「俺にゃァ自分の運の限度ってものがわかってる。年老り臭えいい方だが、そうなんだ。だから限度まで運を使って勝ったら、その晩はさっさとやめちまうんだ」


阿佐田哲也勝負語録―ここ一番に強くなる より)
posted by 浅草太郎 at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 阿佐田哲也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阿佐田哲也4



「ぼくのワザのコツは出る引くを不徹底にしないことだ。勝てると思う時は徹底して出る。勝てないと思えるときは、絶対に出ない」


阿佐田哲也勝負語録―ここ一番に強くなる より)
posted by 浅草太郎 at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 阿佐田哲也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阿佐田哲也5



「あぶく銭なんてこの世にはありませんよ。銭に関するかぎり、みんな、それなりの苦労をしているんです」


阿佐田哲也勝負語録―ここ一番に強くなる より)
posted by 浅草太郎 at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 阿佐田哲也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阿佐田哲也6



「人間はすくなくとも、三代か、四代、そのくらいの長い時間をかけて造りあげるものだ、という気がしてならない。生まれてしまってから、矯正できるようなことは、たいしたことはない」


阿佐田哲也勝負語録―ここ一番に強くなる より)
posted by 浅草太郎 at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 阿佐田哲也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阿佐田哲也7



「俺たち、戦争を知ってるからね。見渡すかぎり焼け跡で、ああ、地面というものは、泥なんだな、と思ったんだね。その上に建っている家とか、自動車とか、人間だとか、そんなものはみんな飾りであって、本当は、ただの泥なんだ」


阿佐田哲也勝負語録―ここ一番に強くなる より)
posted by 浅草太郎 at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 阿佐田哲也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阿佐田哲也8



「もともとギャンブルは自分が神になろうとする遊びなのだ。勝つことが神なのだからね」


阿佐田哲也勝負語録―ここ一番に強くなる より)
posted by 浅草太郎 at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 阿佐田哲也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阿佐田哲也9



「この世というものは、総じて不思議でもなんでもないので、何がどうなろうとすべてあっけらかんとした現実にすぎない。もともと人間の考える理というものと無関係に、自然は自然界の理によって動いているので、人間の考える理は必死でその後を追いかけているだけだ」


阿佐田哲也勝負語録―ここ一番に強くなる より)
posted by 浅草太郎 at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 阿佐田哲也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阿佐田哲也10



「博打ってものは自然体が必要なんです。なにしろ破滅の可能性といつも向き合ってるんですからね。自然体のきびしさ、これで破滅を納得させるより仕方がないんです」


阿佐田哲也勝負語録―ここ一番に強くなる より)
posted by 浅草太郎 at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 阿佐田哲也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。