2008年10月22日

羽生善治45

「(私の通っていた)道場では普通八級からスタートするのだが、(略)(私に)主席がつけてくれたのが、十五級である。私が幼かったこともあるだろうが、実力よりも低いところからスタートして、昇級していく楽しみを与えたほうがいいという主席の配慮であった。 将棋にかぎらず習い事は、自分が少しずつでも進歩しているのがわかると継続できるが、足踏みし上達しないと嫌になってしまう。「上達する」という喜びが、"次の目標"に向かう頑張りになるのではなかろうか。私は十五級から、道場に通うごとにクラスが上がっていった。 今考えると、目標への達成感が、私を将棋の世界へと没頭させるきっかけの1つになったと思う」

決断力・羽生善治(著)より)

人間の本能

野生の本能

進歩する喜び

没頭することなしには得ることができない成長

人間が没頭できるのは本能を満たしているときだけです

成長はいつだって本能と共にあるのです

決断力・羽生善治(著)より)
posted by 浅草太郎 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 羽生善治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。