2008年10月11日

羽生善治44

「1つのことに打ち込んで続けるには、好きだということが根幹だが、そういう努力をしている人の側にいると、自然にいい影響が受けられるだろう。さらに、ペースを落としてでも続けることだ。無理やり詰め込んだり、「絶対にやらなきゃ」というのではなく、1回、1回の集中力や速度、費やす時間などを落としても、毎日、少しずつ続けることが大切だ。無理をして途中でやめてしまうくらいなら、「牛歩の歩み」にギアチェンジしたほうがいいと思っている」

決断力・羽生善治(著)より)

道を極めるために最も必要なことは、

大好きなことを続けることです。

毎日、毎日、少しずつであっても継続することで、

脳だけではなく、身体と「技」を同化させることができた時、

成長の速度は飛躍的に上がります。

>1つのことに打ち込んで続けるには、好きだということが根幹だが、そういう努力をしている人の側にいると、自然にいい影響が受けられるだろう。

日常を「好きだ」という空気で満たせば、成長は約束されるのです。
posted by 浅草太郎 at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 羽生善治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。